3人のインテリアコーディネーター展

interior3.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 03日

エピローグ

おはようございます!

飯塚です。


久しぶりの月曜日、更新です(*^_^*)
前回の更新のときには春だったのが、すっかり真夏、猛暑日が続く毎日です。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

私たち3人は、それぞれの日々を、それぞれのお仕事をしながら元気に過ごしていますよ。
もちろん、フェイスブックやメールなどでのやり取りはしてますし、時々会ったりもしています(*^_^*)

5月には3人で、打ち上げ研修旅行と称して箱根の素敵なホテルにも泊まりました♪

そんな中でも、阿佐ヶ谷の賃貸状況は常に気になっていました。
折に触れ、状況は聞いてはいましたが・・・

そしてついに!
すべてご成約、満室になったとのご連絡をいただきまして、先週3人で㈱日本ハウズイング様に伺ってお話を聞いてきました。


どんな方が住んでらっしゃるのか、やはりとても気になるところ。

デザイン系の職業の方も多く、どちらかというとファミリーよりもご夫婦でお住まいの方が多いのが特徴。
なかには、オフィスとしてお使いの方も。

いずれにしても、皆さん、あのお部屋に思い入れを持って住まわれているとお聞きしました。

それは私たちが一番願っていたことなので、本当に嬉しいのです。


ハウズイング様も初めての取り組みで、ご苦労も多かったかと思います。

でも最後に「この阿佐ヶ谷は成功しました」との言葉をいただき、私たちはやっと、本当に終わったんだなと、安心しました。

そして、これで終わりではなくぜひまた一緒にお仕事をしましょう、ともおっしゃってくださり、再会を約束しました。


さて、この「3人のインテリアコーディネーター展」ブログもこれにておしまい。

違う形で皆さまに何か発信することが出来た時、またお会い出来ればと思います。


それまでまた、それぞれパワーアップ出来るように頑張っていきますね。


利佳さんは新たな挑戦をするようで、神戸で開催されるデザイナーショーハウスに挑みます。

詩万さんは、「荒井詩万にしか出来ないコーディネート」を極めるためにさらなるステップアップを。(ごめん、私が勝手に思ってます(笑))

私(奈津子)は人前でお話する機会に恵まれたので、下半期はそんなことも勉強しながら、地元山梨でもっとICが広く認知されて活躍できるように、自分に出来ることを積み上げていきたいな、なんて思っています。


帰り道には打ち上げ(何度やるんだ?(笑))で、またまたたくさんおしゃべりをした私たち。

家庭や子どものこと、仕事とのバランスとか、そんな話もたくさんしましたね。
悩みはみんな同じなんだな。等身大です(^.^)


ブログにお付き合いくださって本当にありがとうございました!

こちらはそのまま残しておきますので、よかったら時々思い出してくださいね(笑)


それではまた!




[PR]

# by 3nin-interior | 2015-08-03 07:00 | 3人のインテリアコーディネーター展
2015年 04月 08日

お花見パーティー at 阿佐ヶ谷の杜

INTERIOR DESIGHN Soleil 飯塚です。

桜も満開、春本番。
私の住む笛吹市は桃の花も見頃を迎え、まさにピンクのじゅうたんが広がっています。
でも今日はあいにくの雨。桜はそろそろ見納め、花散らしの雨になりそうですね。


さて、先週末は阿佐ヶ谷でお花見が開催されました(*^_^*)
会場は私の担当したAプランのガーリースタイルRoom。

・・・残念ながら、私は家の都合で参加できなかったのですが、利佳さんと詩万さんから盛り上がった様子が配信されました(笑)
b0318510_17200012.jpg
b0318510_17200175.jpg
ほんとのパーティー♪ いい感じ。
でも、もっと盛り上がった写真もあるはず!(笑)

いろんな話題で盛り上がったようですが、次のプロジェクトのお話が出たとか出なかったとか?(^.^)

こちらのお部屋ももちろん賃貸できます。
「阿佐ヶ谷の杜」入居者募集中です。
詳細は㈱日本ハウズイングまでお問い合わせを!


さて、11月から始めたこのブログ。第1回目は、利佳さんが担当でした。
なんで「3人のインテリアコーディネーター展」だったのか、そのプロローグから始まりました。

毎週月曜日に更新し、道のりから始まって現場や打合せの様子、プランのことやモデルルーム公開イベントのこと、何を思い感じたのか。
4か月、3人がそれぞれの言葉で綴ってきました。

その間、本当にたくさんの方が読んでくださって、FBページも見てくださいました。
たくさん応援いただきました。

そして2月のイベントの際にはたくさんの方がお越しくださって、鳥取や九州などからも!
皆さんの貴重な時間と経費をかけてこのイベントに足を運んでくださったこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。と同時に、気持ちが引き締まる思いです。
そしてもし、皆さまの心のなかにも何かを残すことが出来たとしたら幸いです。
この企画展をした意義、目的を、少しは果たせたでしょうか。


ブログは4ヶ月ですが、構想から足掛け1年。
ひとつの区切りの時期となりました。

いったんこのブログはお休みさせていただきたいと思います。
トークセミナーのお話などもいただいておりましたが、ここはやはり3人のこと。・・・問題勃発(笑)
ネタか?(笑)

新たなプロジェクトのお話も出てくるかも、いや出そう? どうだろう~
何かまたチャレンジしちゃうかも? そして玉砕? お約束(笑)

またネタがたまったところで再開したいと思います(*^_^*)

それは夏なのか秋なのか。また1年後とか?・・・。  こんなこと言って、すぐだったりして(笑)

そうだ、最後に一つ。
あのイベントの際にいただいていた質問がありまして、「住むならどこの部屋がいい?」「3人のコラボはまだ続く?」と、とりゃさんから。
b0318510_18333835.jpg
答えはYES! またコラボあります、機が熟した時に(*^_^*)
どの部屋がいいか? うーん、ガチで答えていいですか(笑)
私は眠るなら、利佳さんのCプランの寝室に寝てみたいです。 あのブルー、好きなんです♪

お二人はどうかな?






[PR]

# by 3nin-interior | 2015-04-08 00:27 | 奈津子のつぶやき
2015年 03月 30日

Aプラン・Bプランについて

jayblueの三宅利佳です。

お互いがお互いのプランをどう思ったか、あるいはどうも思わなかったか(笑)←んなわけない。
についてのお話。三宅利佳編です。

と、その前に。
話は去年にさかのぼります。

企画展の打ち合わせ、物件がきまり、3部屋をいじらせていただけることになりやったーやったー!と喜んでいた頃。
部屋のコンセプトも決まった。

図面はどうする?
CADをいじれるのが私だけ・・・じゃ、図面担当するね、と私。
見積もりはどうする?エクセルで作ろうか。じゃ、それ私がまとめるよと奈津子さん。
プレゼン資料はパワーポイントで進めよう。フォーマット作らなきゃね。じゃ、それ私が作ってあげると詩万さん。

そうやって、打ち合わせとプレゼンに必要な資料づくりの担当が決まった。
びっくりするぐらいスムーズに決まった。

プレゼン資料。
パースは必須だ。


パース・・・・。


パース・・・・。


「ねぇ、パースはどうしようか。誰か担当して・・・描いてくれる?」
(いやいやいや、それ、負担大きすぎ!という場の空気)
(いやいやいや、それ、絶対わたしは嫌だ、という場の空気)

「えっと・・・1部屋づつ割り振ってそれぞれ描こうかね」
(それがいいそれがいい、という場の空気)

詩万さんが真っ先に手を挙げた(たしか、そうだったような記憶)
じゃぁ私がハッピーカラフルの部屋のパース描くよ。

次に奈津子さんが言葉を発した。
じゃぁ私はガーリールーム描こうかなー。隠れ家ルームはいやだもん。


そう、奈津子さんは言ったのだ。確かに。
か、く、れ、が、る、う、む、は、い、や、だ…と(笑)


そんなわけで。
成るように成るべくして、奈津子さんがAプランを、詩万さんがBプランを作るようになった。
そうなるようになっていたのだ。

(私は残り物の「隠れ家ルーム」を担当することになった)
(残り物言うなー(笑))


前置がなげーよ、って?
今から私がそれぞれの部屋をみてどう思ったかを書きます。
そこ、正座して聞くように。
トイレ?行きたい人は今のうちに行ってください。
(おおげさ)

b0318510_16505842.jpg
Aプラン。
部屋に入って思わず「わぁ!」っていう声がでた。
何に目が行ったかって、なにはともあれ窓回り。
デザイン、生地のセレクト。
カーテンがもう、かわいい。超かわいい。
華やかで、ガーリーで、さりげなくちゃんと作りこまれている。
あれほど工事中に見慣れていた部屋なのに、窓回りが整ったことですっかり「全然違う空間」に成り上がっていた!
そして小物のセレクト。大きなものはないんだけれど、小さなものがたくさん集められていた。
女の子たちがキャピキャピおしゃべりしているようなそんな感じ、そのまんまじゃない!と。
やばいな、これ、敗北感。
私の中にない「かわいい世界」「ガーリーなものたち」「淡くパステルな空間」を演出していた。
私が持っていないものを持っている奈津子さんに嫉妬した。
そしてこうも思った。
Aプランは奈津子さんがやるべきだった。正解。



b0318510_17023436.jpg
Bプラン。
納品セッティングの最中、邪魔をしに行こうと思って詩万さんの部屋を訪れた。
玄関で靴をぬぎ顔をあげると、壁にさりげなくドライフラワーがぶらさがっていた。
心がちょっとざわざわした。
どこにも抜かりはないのよ感がジワリと伝わってくる。
部屋に入る。
「!!!!」
一瞬言葉を失いました。
そうきたか、詩万さん。仕込んできたね。とことん完璧にそぎ落として作りこんできた。
試合前のボクサーみたいだ。極限まで体重を落として必要な筋肉だけのこしてやがるぞ、と。
そんな風に思った。
バランス。そう、すべてはバランスだ。
小物のボリューム。配置。
さりげなく置いたスケッチブックに添えてあるクレヨンの、あの、角度とか。
とりあえずなんか言わなきゃ。
「わぁ、すごいねー。詩万さんっぽいねー」とありきたりな言葉を発する私。
「そぉー?」と答える詩万さん。
別に普通ですけど?的にさりげなくエレガントにそこに立つ詩万さんからは
無言の「達成感」と「ドヤ感」のオーラが出て(るように私には見えた)
ここでもまた、わたくし、やば、敗北感。


という感じでそれぞれからカウンターパンチをくらってですね、
どんよりと落ち込んだ投稿をfacebookでつぶやいたのでした。
「私は私が思うものしか作れない。私は私すら越えられない」ってね。

いずれにしても、3人がお互いに刺激を受けあったのは間違いないのだろうと思う。



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-30 07:00 | 利佳のつぶやき
2015年 03月 23日

Aプラン・Cプランについて

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

「3人のインテリアコーディネーター展」、まだ1ヶ月前ですが遠い昔のように感じます(汗)
前回の奈津子さんに続き、私が感じたAプラン・Cプランについてお話させていただきます。
それぞれを見て、これからのコーディネートの参考にしたい!と思った点について。

まず、奈津子さん担当のAプラン。
完成した時に、思わず「わぁ!」と声が出たのがすばらしい窓装飾。
3部屋共に窓装飾でこんなに空間が華やかになるのかと改めて感じました。
ファブリックのセレクト、細やかなデザイン、全て違うスタイル。
奈津子さんはトータルコーディネーターをされる前にカーテン専門にお仕事をされていたとのこと。納得。
窓装飾ってこんなに楽しいんだ!部屋の空気感を一気に変えるんだ!と。
今後の実務で、もっともっと窓装飾デザインを頑張りたいと思ったのでした。
b0318510_22072844.jpg


次に、利佳さん担当のCプラン。
色や素材、ラスティックとモダン。圧巻のミックススタイル。なるほど~、こうくるか!
こういうコーディネートの発想ってどこから生まれるんだろう。
ミックススタイルって、どうしても「これとこれ、組み合わせたら本当にいいのだろうか?」と不安になりがち。
それをここまで大胆にまとめあげる感覚。いいな!!
もっと引き出しを増やして、是非チェレンジしてみたいと思ったのでした。
b0318510_22073051.jpg

さて、改めて自分のBプラン。
色々な場でお話していますが、プランニング段階でA・C共に「足し算」のコーディネートでした。
同じ方向ではおもしろくない、違う切り口をということで、あえてBは「引き算」でいくことに決めました。

この「引き算」、実は私の中ではチャレンジでした。そして、とても不安でした。
現場が出来上がっていく段階で、Aプランの美しい柄の天井、Cプランの大胆な輸入壁紙のインパクトは大。
それに比べると、自分で決めたとはいえBプランは無地の国内普及品クラスの壁紙。
手が届くコーディネート、でもやっぱりプロだよねというところを目指したわけですが…
最終的に「ふ~ん、こんなもんか」になってしまわないだろうかとドキドキしていたわけです。

先日3人で打上げ会をした時にその話をしたら、お2人から完成した時の衝撃ったらなかったと言われて意外でした。
2人がどう感じたのかって聞いていなかったから。
奈津子さんと利佳さんにそう言ってもらえて、正直とても嬉しかった。ありがとう☆

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-23 07:00 | 詩万のつぶやき
2015年 03月 16日

「ハッピーカラフル」と「隠れ家ルーム」について思うこと

INTERIOR DESIGN Solil 飯塚です。
今日からまた毎週月曜日に更新していきますのでどうぞお付き合いくださいね。

さて何を書こうかというと、これまでは自分の担当したお部屋について書いてきましたが、他の2人のコーディネートしたお部屋についてどう思ったのか、何を感じたのか、そんなことを綴っていこうと思います。

まずは詩万さんの「ハッピーカラフル」ROOMについて。
これまでも書いてきましたが、このプロジェクトは3人でテーマ・コンセプト・インテリアイメージについて決めてきました。
いろんなプランニングをフェイスブック上のグループページに都度アップして共有し、それは最後まで続きました。
でも、途中から個人の作業になる部分もあったので、それぞれ細かいところはわかってなかったと思います。

で、いよいよ小物を揃えなきゃって切羽詰まってきた頃に、「こんなイメージで小物を考えてるよー」って2人から画像がアップされました。
 

・・・たとえばこんなのとか、ほかにもたくさん。
いやー、すごい。
コンセプトの動物と森に徹底的にこだわった、でもプリミティブで大人も楽しめる「森で出会う鳥や動物たち」をリアルに表現しようとしてる。
もちろんこの時点で貼る壁紙も仕上がる造作家具も、みんなわかってるわけで。
私ももちろん小物のイメージは持っているけど、この時点でここまで完成形に近い状態には持っていけないなー。
私はわりと買いながら最後完成させていくタイプ。
あとで聞いたら、買いながら作っていく部分ももちろんあるよ~って言ってたけど。
b0318510_19275227.jpg
詳細は以前のページでご覧いただくとして・・・
公開前日に完成した部屋を見たとき、私は圧倒されました。
完ぺきだ。隙がない。
特に寝室のこの羽根、なんでしょうこれは(笑)やられたーって感じです。
カラフルなのに、なにこのすっきり感。引き算をしたインテリア、まさにそれ。圧巻、お見事!
夏からずっと過程を見ていたにも関わらず、びっくりしましたよ、素人かいってくらい(笑)


そして利佳さんの「隠れ家ルーム」について。
こちらもまた同じ頃、脳内イメージだよ~といってアップされたスケッチがありまして。
それを見て、三宅利佳を真似るのは無理だなと。
憧れている方はきっとたくさんいると思うけど、無理よ絶対。そう思う。

完成したお部屋を見たときの感想。・・・うわっ、わー。なにこの隙だらけの完璧さは!?
って、わかりにくいですかね。
なんていうのかな、利佳さんがいう「かっこよく散らかった部屋」ってこういうことなのだろうと思います。
b0318510_19241233.jpg
こんなのとか、ね。

今回、いろんな方が感想をくだっさったり、私たちのそれぞれのコーディネートの説明をした投稿を読めば読むほど、あー もっとちゃんと見ておけばよかった!と激しく後悔。
私のお部屋は2人の部屋とは離れた入り口で、期間中もずっと部屋でお客様を待っていたので、じっくり見られなかった。

で、私。 まだまだだなー 足りないなーって思う。
敗北感?みたいな。 ないといえば嘘になる。 いや、あるでしょ(笑)

詩万さんのコンセプトワークへのこだわり、これぞ荒井詩万って感じの美しいカラースキム。
利佳さんの隙だらけの完璧さ、住まう人を表現する小物使い。
いろいろ。

このプロジェクトを通して、2人の仕事を肌で感じることが出来てすごく刺激的だった。
焦り? 自分への焦り。それもある。

だけど、不思議とそれさえも嬉しいような。
私のどこかで消化されて、それが新しい何かに変わりそうな気がする。

そして、私だから出来た表現もきっとあるんだろうと思う。
きっと、2人も刺激的な時間だったよね。 そう思ってくれてるといい。

たとえば詩万さんが隠れ家ルームを、利佳さんがガーリースタイルを、私がハッピーカラフルを。
そんなコーディネートをする機会があったらどうだろう。
ワクワクする。 でもこわい。

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-16 07:00 | 奈津子のつぶやき
2015年 03月 10日

【103号室 Cプラン】男の隠れ家・女の隠れ家

jay blueの三宅利佳です。

各部屋のご説明も、今回で最後となります。
103号室は夫婦2人暮らしの設定です。
子供部屋はなく、その代りに「夫の部屋」と「妻の部屋」を設けました。

まずこちらは夫。「男の隠れ家ルーム」です。


b0318510_10483457.jpg

天井までいっぱいに取り付けた造作家具収納と、
壁面のフカフカとしたファブリックパネル壁がポイントでした。

壁、何かアクセント・・・・でまず思いつくのは
「柄物の壁紙を貼る」というのが一般的でしょうか。
あるいは「タイルや石を貼る」など。
一般的ではない、何か他のアクセントを提案したいと思いまして、
このファブリックパネルの壁という発想になりました。

中にウレタン(綿)を入れてカーテンの生地でくるんでいます。
そんなパネルを25枚作って、壁にペタっと貼りつけたというわけです。

この部屋をご覧になった多くの方が、まずはこの壁に目を奪われていました。

b0318510_10565415.jpg


たっぷりとした収納力のある作り付けの家具は
「これだけあったら十分ものが片付きそうだわ」というお声をたくさん聞きました。
(余談ですが、よくプランニングのときにお客様から言われることの一つで
「天井まで収納を作りつけると圧迫感出ませんか・・・それが心配なんです」というのがありますが、いかがでしょうか、圧迫感、感じますか?)




ダークブラウンの木目、黒いスジが特徴的な
AICA工業の「JI-613K」の品番、メラミン製の特注家具です。

この物件があります阿佐ヶ谷(東京都杉並)は、
近隣の中野や高円寺などとひっくるめてアニメの街、だったりします。

オタクの聖地・中野ブロードウェイや、
阿佐ヶ谷アニメストリート、
杉並のアニメーションミュージアムなどなど。

なので、この部屋の住人もきっとちょっとしたオタクで、
例えば仕事もそんな感じだったりするのではないだろうか、という想定をいたしました。

「40代の夫。アニメーションディレクター。残業が多い・・・」というね。

ここはモデルルームではあるけれど、
実際に住む人(住んでいる人)がいるように感じさせたい。
ディスプレイの小物も、人柄や趣味趣向がわかるようなものにしたいと思い、
ある方から個人的に所有物をお借りすることにしました。



アイドル、魔法少女系、松田聖子論からキカイダー、バットマン、三島由紀夫の家という写真集まで。

「この本、めっちゃマニアックなんですけれど・・・どうやって集めたんですが?古本屋さんですか?」とか
「りかさんがこーゆーのを読むんですか?!」とか
「この品揃え・・・相当キテる人のコレクションだ・・・」という声をちらほら耳にしました。
本当に「誰かが住んでいる部屋」のようなリアルな感じが出せたのではと思っています。



この部屋は、御主人様の趣味の部屋、書斎、という想定です。
いいなぁ、こんな書斎、俺も欲しい・・・そう思ってくれる人がいれば
嬉しいなーと思いました。

カーテンは、モスグリーンの無地と、柄物、2種類を取り入れた切り替えのデザイン。
トリムを装飾しています。
無地のモスグリーンの部分がベルギーのブランド「WIND」で、
ZENというシリーズの色品番38を使用しました。
柄の部分はイギリスの生地で綿100%の素材です。
壁のファブリックパネルと共通、マナトレーディングから出していただいた生地です。



森をテーマにしていますので、
苔、草、花・・・をイメージさせるグリーンやデザインのものをセレクトしました。
天井には鳥の巣?みたいななんか変なものをぶらさげておきました。
手作りです、私の。


ちなみにこれ、頭の中で描いていた「作ろうとしていた形」と実はまっっったく違う形なのです。
どうしてかというと・・・不器用だからです(苦笑)

でも、まぁ。これでいっか、というアバウトなものになりました。
意外にもこれを写メとっているお客様が多かったので
なんか恐縮です・・・。

置いている家具は、
アビタスタイルの黒い革張りのアームチェア。
LOUNGE by Francfrancのモノトーンの木のシルエットのラグマット。
そんなコーディネート空間でございました。

ちなみにビフォーはこちら。



どぉ?変わったでしょ。


さて、もう一つ。こちらは妻。「女の隠れ家ルーム」です!

b0318510_10542972.jpg


目を引く壁紙は、ギャラリー社(イギリス)のもの。
だまし絵のような、本棚柄。
(森の隠れ家ルーム、森のライブラリー、というのがコンセプトのひとつでもありましたので、
男の隠れ家には本物の本棚。女の隠れ家には偽物の本棚、というわけです)

エディトリアルデザイナー、30代の奥様。
インテリアやアートを取りあげる専門雑誌の編集が担当、という想定。


パッと見、男っぽいコーディネートなので
何人かの方は「こっちがご主人の書斎かと思いました」とおっしゃっていましたが
女性の部屋、です。

「男の隠れ家ルーム」同様、ここもやはりリアリティを演出したいと思いました。
ブランドなどのこだわりはなく、自分にとって大切なもの、思い出のもの、感性を刺激するもの、この部屋の住人をイメージしながらそんなものを集めてみました。









涙目の女性の顔は、フォルナセッティのフレーム。
ハート型のサンゴ(これは私物)
メゾンドファミーユの赤いチェックのランプ。
アンティーク風の4つの写真立てはビーカンパニーのお店で。
ZARA HOMEのグレーの写真立て、中にいれているのはティムバートンのポストカード(これも私物)
ムーミン。
積み上げた古いペーパーメモ(これは壁紙のサンプルを手でちぎりましたwww)
折り紙のように折ってみた英和辞典(これは私の祖父のものだ)



ディスプレイ、並べ方にすごく悩み、時間をかけました。
散らかっているような、無造作なような、
でもこれは、この場所に置かれるべくして置かれている。
そういうことをすごく意識していました。



カーテンは紫色のドレープ。
川島織物セルコンの生地。
タッセルは黒で引き締めました。
窓は腰までの大きさなのですが、
それを無視してカーテンは床までの長さで作りました。
空間や窓を広く見せるテクニックです。


壁紙にインパクトがありますので、
対峙するもうひとつのインパクトが欲しく、こんなシャンデリアをセレクトしました。
楽天市場で購入、made in chinaのプラスチックで出来たPOPでチープシックな照明です。

置いている家具は
デスクがold maison
椅子とローボードは楽天市場とamazon(笑)

女の人の部屋、奥様の空間というと、
「キッチン」だの「家事コーナー」だのと言う話になる。
だけど、そーじゃない。

奥さんだって、自分の空間(家事するところじゃなくて!)が欲しいじゃない。
パソコンでブログ更新したり。
お裁縫したり。
絵を書いたり。
ネイルをしたり。

・・・ね。
そんなコーディネートでございました。


101号室、102号室、103号室。
共通コンセプトは「都会の中の森」
なのにどれも違う、個性的なインテリアのご提案となりました。


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-10 07:00 | 利佳のつぶやき
2015年 03月 09日

【102号室 Bプラン】キッズルーム

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

Bプラン 102号室のキッズルームをご紹介します。
コンセプト「森で出会う動物や鳥たち」、インテリアイメージ「ハッピーカラフル」。
扉を開けると、どど~んと登場するのが大きなクマさん。
『WALPA』が立ちあげた日本の壁紙プランド「WALLTZ」のもの。今回のコンセプトにぴったりでセレクトしました。
見た瞬間、大人も、そして子供たちも「わぁ!!」と目を輝かせていらっしゃいました
小さい男の子の設定、ここで遊んでいる時は扉を開けたままにしているだろうと考えて…
カラースキームはLDルームと同じ色展開で空間のつながりを意識しています。
b0318510_18371383.jpg
和紙に型染めをしているそう、独特の色の濃淡が壁紙というより壁面アートのよう。
b0318510_18371322.jpg
どんぐりのようなペンダント照明は「VITA」のもの、シェードも同じようなデザインに。
この「VITA」の照明、3年前に訪れた「100% Design London 」ですでに出会っていました。
手頃な価格帯と優れたデザイン性、絶対使いたい!と思っていたのです(笑)
b0318510_18371743.jpg
キッズ用のイームズテーブル&チェア。ここで大きなクマさんを見上げながら楽しい時間を過ごしてほしいなぁ☆
b0318510_18371917.jpg



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-09 07:00 | 詩万のつぶやき
2015年 03月 08日

『101号室 Aプラン】 キッズルーム

おはようございます(*^_^*)
INTERIOR DESIGN Solei 飯塚です。
今日はAプランのキッズルームのご紹介、いよいよ各お部屋の説明も終盤です。

ちょっとおませな可愛い女の子がいるお部屋。
「今日はパーティー♪ お客さんもたくさん来るからちょっとおめかし。お部屋も可愛くしてもらったの!」
コンセプトである「森のティーパーティー」を意識しながら、そんなイメージで仕上げたキッズルーム。
b0318510_17142486.jpg
ホワイトの壁にピンクのリボン柄の壁紙がほど良いアクセントに。この写真は夜の撮影。

ホワイトの壁紙はシンコール、リボン柄の壁紙はサンゲツ(RE-8038)と、どちらも国産のビニール壁紙の普及品クラスなので汎用ルームにもそのまま採用されます。

b0318510_17335064.jpg

ーチェストからはみ出たお洋服。 あれこれ引っ張り出してどれにしようかな~♪-

キッズサイズのチェアも、ピンクのくるみボタンでさらに可愛らしい。
そしてこのチェスト、当初は予定されていなかったのですが、利佳さんからの訳あり商品プレゼント(笑)
不要になってしまったとのことだったけど、あってよかった!
より雰囲気が出せましたよ。・・・雨降って地固まる?(^^ゞ

b0318510_17343911.jpg
トルソーには、利佳さんのお嬢さんが以前着ていたというドレスをお借りして着せました。かわいい~
見に来てくれた小さな女の子たちも、このお部屋かわいい~って言ってくれました(^.^)

ところでこのキッズサイズのトルソー、ネットや店舗用什器のショップなど探していたのですがなかなか見つからない。
ほんとにマネキンだったり、上半身だけだったり。
なかったらコートハンガーにするかーって半分あきらめていたところ・・・

b0318510_17354390.jpg
-あった!!-

青山界隈で小物の買出しをしようと何軒もハシゴした日。
ランチをしたあとに通りを歩いていたら、ふと目に入ったインテリアショップ。
予定していなかったお店だけど吸い寄せられるようにふらふら~っと。
そうしたらここに! またまた出会った(笑)
聞けば売り物ではないとのこと。でもそこをナントカって交渉していたら、別のスタッフが「これ、売っていいってオーナーが言ってたよ」ってことで特別価格で売ってもらいました~
9,000円なり。 
ここではほかにもフレームや鳥カゴなどあれこれ購入して、すっごい晴れやかな気持ちでお店を後にした記憶がまだ鮮明に残ってますわ。

b0318510_17370623.jpg
引出しの中の小物やラグに置いたバッグなども、詩万さんやお友達のICの方にもお借りしてます。
私には女の子がいないのでかわいいものがないのです~
(お借りしたものは現在は撤収していますので置いてません)

b0318510_17405518.jpg

b0318510_17312373.jpg

-カーテンはタブトップスタイル。レールはTOSOのコーディー。-

上部で切替えていますが、切替えの箇所はタブトップ部分の赤の無地と同じ生地でアクセントのラインを入れています。
ストライプの生地、花柄、赤の無地ともマナトレーディングのもの。
レース(フジエテキスタイル)のプレーンシェードのボトムには、FEDEのボンボンフレンジを付けています。
レースの柄にもちらっとボンボン。
-まるいカラフルなラグマットとパッチワークのクッションはZARA HOMEで購入。-
ペーパーポンポンは吊るせなかったので床置きにしましたが、これはこれでかわいいかなーと。

ペンンダントライトのブルー&ドット、カーテンの花柄とパッチワークのクッション、ボンボン、カラフルなラグ、ペーパーポンポン。
全部がプラスプラスな楽しい雰囲気、可愛らしさ全開なキッズルームになりました。
でもうるさくならなかったのは、カーテンのベースにブルーを持ってきたからな、なんて思っていますよ(*^_^*)

ちなみにこちらがBefore~
b0318510_17431587.jpg

よくある社宅や団地の和室でした☆
ちなみにこちらは解体中。壁がなくなった!
b0318510_17425641.jpg

えーっと、そこにいるのは詩万さんね(笑)

さて、お次は詩万さんにバトンタッチ♪

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-08 07:00 | 奈津子のつぶやき
2015年 03月 07日

【103号室 Cプラン】ベッドルーム

jay blueの三宅利佳です。

ベッドルームをご紹介します。
ご夫婦2人暮らしという設定の103号室。

「新婚旅行で訪れたモロッコの雰囲気をインテリアに取り入れてみました」っていう
そんな設定にいたしました。

素敵な旅先の思い出をインテリアコーディネートに取り入れたいと考えるのは
実際にもよくあることだと思ったからです。
モロッコインテリア、ちょっと最近流行っているような気がしまして
そんなトレンドを意識してみました。
(あれ?「都会の中の森」という共通コンセプトはどこへ消えた(苦笑))
(いや、消えてないです。森に住んでいる夫婦なのです!キリっ)
b0318510_18513385.jpg
ではまずは壁紙。
イギリスのブランド、コールアンドサン社のもの。
品番はこちらMANOR HOUSE94/8043
トルコブルーの発色が美しいデコラティブな柄を選びました。


ババンとアクセントが効いています。
これだけ個性的な壁紙を選べば意外とインテリアづくりは簡単。
何を置いても、絵になるように仕上がると思いました。


レースカーテンは柄物をセレクトしましてうねうねしたモチーフを取り入れました。
VISにコレクションされているインドの生地、リリアンシアーです。
ドレープカーテンは玉虫色に発色するイタリアの生地、カレイドです。
トルコブルーの糸と金色の糸が織り込まれている大変美しい、ポリエステル100%。


b0318510_19162183.jpg
天井にはシャンデリアをつけたら「クラシカルな部屋」で終わってしまう。
じゃなくて、ちょっとエスプリの効いたイメージにしたい。
それで、こんな照明にしました。

デザイナートードボンチェのガーラント。



壁もファブリックも、青だらけ。
青い寝室、寒々しい印象になったらアウトです。
緑がかったトルコブルーを選び、そして隠れた重要なキーカラーは実はゴールド。

金色を感じる色が生地に使われていたり、照明の白熱球など、

ゴールドが隠しカラーになっています。

ですので、青い部屋ではありますが全体として温かみのある印象になっていると思っています。



枕カバーは、
一番奥側が、Timesのコレクションからセレクトしましたトルコのシアー生地、サンライズ。
シアーで中が透けますので内部に別布を重ねた2重構造にしています。
サイドにトリムをあしらいました。



真ん中の大きなクッションは
同じくTimesコレクションからイタリアの生地、シアターという商品。
華やかで光沢のある大胆なストライプ。
どちらもマナトレーディング扱いの生地です。

一番手前、小さいクッションはニヤ・ノルディスカの生地。
ベルベッド調の深いオリエンタルブルーの無地とゴールドの花柄の柄物を切り替えて作ったもの。
デットストック品です。

さて、103号室の中で一番気楽にコーディネートしたのがこのお部屋だったのですが
不動産屋さんのご案内で内覧に来た方に一番反響があったのが寝室だと聞かされまして
わたしとしてはちょっと意外でした。

特に何というほどのテクニックもないシンプルなコーディネートですが
壁紙の印象が強いからでしょうか。皆様の印象に残ったようでございます。



建具(ドア)も、女の隠れ家ルーム同様で特注オーダーしたものです。
サンメントを回した白っぽい部分は「F15-80B」
それ以外のところは「F15-50B」
それぞれ日本塗料工業の品番で色指定して塗装をかけてもらっています。


103号室の寝室、そんな感じでした。
お次は101号室、かわいらしい女の子のお部屋のご紹介です!


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-07 07:00 | 利佳のつぶやき
2015年 03月 06日

【102号室 Bプラン】ベッドルーム

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

Bプラン 102号室のベッドルームをご紹介します。
こちらもコンセプト「森で出会う動物や鳥たち」、インテリアイメージ「ハッピーカラフル」。

ご夫婦のベッドルームは他の部屋と雰囲気を変え、白をベースにした静かな空間に。
b0318510_18370950.jpg
ベッドヘッドにはカラフルな鳥たちの壁紙、「WALLTZ」のものです。
b0318510_18370423.jpg
壁紙に合わせた色合いのカーテンはドット柄。
切替えのグリーン、クッションと色でつなげています。木の実のようなトリムがアクセント。
b0318510_18371628.jpg
b0318510_18370902.jpg
飛びまわる鳥たちからイメージを広げ、「VITA」のペンダントライト。
フワフワの本物のダチョウの羽でつくられていて、柔らかな光が優しく包み込みます。
b0318510_18174502.jpg
その羽が落ちたイメージで、ベッドカバーの上にも本物の羽を散りばめたディスプレイ。
皆さん、そのストーリーを楽しんで下さっていました。
b0318510_18370935.jpg
さぁ、次は利佳さんの103号室 Cプラン。
ブルーが美しいエキゾチックなベッドルームです。



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-06 07:00 | 詩万のつぶやき
2015年 03月 05日

【101号室Aプラン】 ベッドルーム

INTERIOR DESIGN Soleil 飯塚です。

今日は101号室の寝室のご紹介をしますね。

「インテリアは君に任せるけどさ、寝室にピンクは嫌だよ」ってご主人が言ったので(笑)、こんなふうになりました。
b0318510_21052999.jpg
ベージュの壁紙(シンコール)にテシードのZAZIE 3のストライプです。
太めのストライプがかっこよく、でも淡いトーンのブルーグレーとベージュが優しい印象に仕上げています。
ベッドのフレームもベージュ。

ちなみに利佳さん担当のCプランの寝室には色違いのグレーのベッドが置かれています。
モショモショしたトリム付のクッションはフジエテキスタイル、濃紺にホワイトとブラウンのアクセントが効いているクッションはH.P.DECOのもの。
壁紙のストライプとクッションの横のライン、ストライプのブルーグレーから濃紺へとつないでいます。


カーテンはフロントレースのスタイルでFEDEの生地、レースの後にブルーのドレープでこちらはフジエテキスタイルのものです。
どちらもフラットカーテンですが、日中見るとドレープの程良いブルーがレースの柄の間から印象的に浮き出てきます。

b0318510_21100058.jpg
こんな感じ。大胆だけどどこかフェミニンな印象。
そんな女性になりたいものです。って、関係ないですね(笑)

b0318510_21060069.jpg
濃紺のクッションカバーは麻です。
そして・・・反省。アイロン持っていればよかったのに(+_+) シーツとピローケースのしわが・・・
b0318510_21180177.jpg
照明はブラケットを低めの位置に付けて落ち着きを出しています。器具はDAIKOのものでランプはLED。
モデルルームの天井にも引掛けシーリングを残していますが、ブラケットのみ。
寝室なのでこのくらいの明るさで十分ですが、アッパーライトのフロアスタンドをプラスしても素敵ですね。

汎用ルームの寝室は引掛けシーリングのみですが、ブラケットを付けたい場合は、コンセントから電源を取って配線を上に伸ばし、希望の場所に灯具をビスで留めることが出来ます。

b0318510_14043036.jpg
たとえばIKEAで売っているようなこんなブラケットとか。(露出配線になってしまうのだけれど)
ちなみに当初はそんなイメージでおりましたが、思うような位置にコンセントがなかったことと、せっかくのモデルルームだからということで、既設のコンセントから新たに配線をしていただけました。


b0318510_21050910.jpg
いつかパリに行きたいね、あの娘がもう少し大きくなったら、かな? なんて話をしながら・・・おやすみなさい。
good night☆

寝室は、少しだけ男性的なイメージも取り入れながら、LDの優しい雰囲気は残しました。


さあ、次は詩万さんのベッドルームです。

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-05 07:00 | 奈津子のつぶやき
2015年 03月 04日

【103号室 Cプラン】リビングダイニングルーム

jay blueの三宅利佳です。

103号室のLDルームをご紹介します。
コンセプトはもちろん共通「都会の中の森」です!

なかでも、Cプランは「隠れ家ルーム」「森のライブラリー」とサブコンセプトを決めました。
A/Bプランのにぎやかな感じとは一線を画して
籠る(こもる)・・・そんなイメージを膨らませたいと思いました。

b0318510_01334235.jpg
内覧に来てくださったある女性の方が、
この部屋のところにずーっと立ち止まり
「どうしてでしょう、えー・・・どうしてなのかしら・・・」とつぶやいているのです。
なんだろうと思って聞いてみるとこんなことをおっしゃってくれました。
それがそっくりそのまま、103号室のLDルームの説明になりますのでご紹介します。
(だめ?)

「このお部屋。よく見るとけっこうな数の色が使われてるんですね。
緑・・黄緑、青、水色・・グレー・・・黒・・・茶色・・・で。そこに赤!
なのにどうしてこの部屋がまとまってるように感じられるのか、すごく不思議なんです!!
柄もインパクトがあったり、派手だったりするのに・・・なぜかすごく落ち着く空間に感じる。
すごいです、ここ・・・なんかすごいです。
それに、本当に・・・よく見ると、テイストが揃っていないというか、バラバラというか。
いろんなものがミックスされていますよね・・・。
例えばこの照明、赤いコードが特徴のカラヴァジオ。
めちゃめちゃ「北欧モダン」じゃないですか。
なのに、ダイニングテーブルのガサっとした「ビンテージ」のラフな感じとか。
で。トリムのついた「エレガント」なカーテン。
なのに「ナチュラルカントリー」なグレーの椅子を1脚、置いちゃう。
大胆だけどモノトーンで引き締めている、壁の大きなフレームはもろに「モダン」
で、1つだけじゃなくて、その隣にもう一つまた大きさの違うフレームを並べてくるところとか・・・。
フクロウやネコのクッションは、ちょっと「ノスタルジック系」
こんなバラバラなものをミックスしてあるのに、すごく落ち着ける空間にまとめあげているなんて・・・。
プロです、凄すぎます!」

その言葉を頂きまして私は思いました。
(いや、あなたのその解説のほうがよっぽどすごいっす(笑))
(よし、これをそっくりそのままブログで使わせていただこう(苦笑))

お部屋の説明すら、ついにお客様のほうにしてもらうようになった
情けないコーディネーター、りかです、どーも。


というわけで、103号室のLDルームは、
ソファダイニングというレイアウトでのご提案にいたしました。
私はよく「ファミレススタイル」と言ってしまっているのですが(笑)
くつろぐソファと、食事のダイニング機能を合体させ、
部屋を最大限に使って生活するスタイルのご提案にしています。


b0318510_01352676.jpg
スローフード。
朝ご飯。
そんなイメージのセッティング。





窓回りは、ドレープとシェードの組み合わせにしました。

切り替えのドレープカーテンは、
無地のモスグリーンの部分がベルギーのブランド「WIND」で、
ZENというシリーズの色品番38を使用しています。
植物柄の部分はイギリスの生地で綿100%の素材です。

レースカーテンをつけないかわりに採用したのが、
ルーセントホームのシェルシェード
「コードレス・トップオープン」のタイプです。
上げたり下げたりという操作が、上にも下にも出来るという
変わった動きをさせられるので
ご内覧の方々、皆様興味をもってご覧になっていました。



窓に取り付けたこのシェードが「障子」のような役割を果たし、
直射日光ではない拡散された間接的な光が室内に落とされて
やわらかくしっとりしたやさしいお部屋になりました。
プランニングの時、コストダウンするにしてもなんにしてもとにかく絶対に
「シェード」は採用したかったのはそんな理由もありましてこだわりました。
(障子的なその光の取り入れ方は、西洋的ではなく「和」のしつらえに通じまして、日本人の感覚にマッチすると思っています)






ペンダント照明は、セシリエ・マンツがデザインしたカラヴァジオ
ディーンアンドデルーカの各店舗で印象的にぶらさがっているのでご存じの方も多いようです。

赤いコードをぐるぐるまいて上のほうにまとめています。
「左右非対称のラフな感じが本当に素敵です!このスタイリングがりかさんっぽいです!」と言われたのですが
あ、いや、あー、ごめんなさい、これ、左のヤツがさがってきちゃっただけですね(汗)

大胆なストライプの壁紙は、
オランダのブランド「ザ・デザインデパートメント」で、
品番はMariska Meijers SELECT346929
ストライプ柄を選んだのにはわけがありまして、それはもちろんコンセプトの「森」を意識しています。
木の幹がまっすぐと伸びていて、それが生い茂っている。
その隙間から射すやわらかい光の中で暮らしている、というイメージを
象徴的に取り入れたのが、ストライプ、というわけでした。


床はパナソニックの複合フローリングで、ダークブラウン色。
壁にも天井にも色を入れましたので全体的には落ち着いたトーン、
シックな内装になっています。

詩万さんの102号室が「ハッピーカラフル」と題しながら実は、イエロー、グリーン、ブルーに絞り込んでいる計算された引き算のコーディネートに対し、
103号室は、「隠れ家ルーム」落ち着いた空間とか言いながら実は山ほどいろんな色や柄を取り込んでいる足し算のコーディネートです。

素朴な野の花、小物も含め、少しだけ彩度と明度を落としたカラースキムにしていること、
(ただしアクセントの黒だけはしっかり引き立たせておく)
自然素材ではないものや偽物は置かないようにしていること
(プラスチックとか、ビニール素材とか、なんかそういうものは森にあったら不自然に思えるから)
(デザイナーズのパクリもんとか、そういうもの)
そんなことにこだわっていたりしています。

型にはまらない、気取らずそこで一日ゆっくり過ごせるような・・・
そんな暮らしを想像してコーディネートした103号室のLDルームでした。

ちなみに余談ですが。
103号室、玄関をあけて目に飛び込んできたのはネイビーブルーのダークな壁と、
そこに鎮座する白いブナの盆栽。
「3人のインテリアコーディネーター展」の3日間、大変な存在感を放ってくれました。



これは実は六本木ミッドタウンの「タイムアンドスタイル」のショップにディスプレイされていました。
見かけたときに、わぁ、素敵!と思いまして
「3日間貸してくれ~」とお願いしたものなのです。


この盆栽はタイムアンドスタイルの商品ではなくディスプレイ用に貸し出されていたもの。
じゃぁ、どこから来たのかといいますと、
埼玉県さいたま市に「盆栽町」といいまして盆栽の有名な街があるのですが
そこの「蔓青園」さんからお借りしたものなのでした。

森、というテーマでインテリアコーディネートをしていましたので
これはまさに象徴的なものだと思いましたし、
この盆栽を置かなければ、画竜点睛を欠く!・・・とまで思い、
ディスプレイに取り入れました。

事前に詩万さんに「ねぇ、ちょっと盆栽を借りてきてさCの部屋に置こうと思ってるんだ」と言ったら
「え、盆栽?盆栽なの?・・・へぇ~・・・盆栽・・・??」と不思議がられましたけど(苦笑)

枝も折れることなく無事に返却されております。
ありがとうございました~。

次は奈津子さん、Aプランの寝室のご説明です♪



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-04 07:00 | 利佳のつぶやき
2015年 03月 03日

【102号室 Bプラン】リビングダイニングルーム

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

私がコーディネー担当をしましたBプラン 102号室のLDルームをご紹介します。

3部屋共通テーマは『都会の中の森』。
“森”をキーワードにしたBプランのコンセプトは「森で出会う動物や鳥たち」です。
住まうのは30代前半のご夫婦と小さな男の子の設定。
扉を開ければ森で出会う様々な動物や鳥たちが登場する、大人も子供もワクワクする空間。

インテリアイメージは「ハッピーカラフル」。
イエロー・グリーン・ブルーのカラフルで楽しい色使い。
自然素材やプリミティブな小物をプラスして引き締めました。

国内普及品クラスの壁紙、ここをモデルにつくる汎用ルームも同じです。
若いファミリー層も手が届きやすい価格の家具やカーテン・照明などでコストを抑えましたが…
色・素材・柄の組合せ、インテリア小物で魅せるディスプレイが見どころ。
また、賃貸物件としてリアルに人が暮らす空間なので、家具配置バランスや使い勝手も考慮。

インテリアコーディネートは特別なものではありません。少しの工夫で日々の暮らしがハッピーで楽しくなる。
それを感じていただけたらと提案したご家族が笑顔になるインテリアです。

ブルーで塗装をした既存扉を開けると、正面にはガラスモザイクタイルの壁面でアクセント。
キラキラと光るタイルは明るく軽やか、壁紙と質感を変えることで視線を奥へと導きます。
b0318510_18365935.jpg
b0318510_18173886.jpg

淡いイエロー、濃いイエロー、そしてグリーンとグラデーションで奥行き感を出したLDルーム。
さわやかな朝、家族で過ごす休日の昼、くつろぎの夜。生活のどのシーンにも溶け込みます。
b0318510_18172568.jpg
窓装飾はバランスをつけたストライプ。直線ラインを強調してすっきりとまとめました。
b0318510_18423437.jpg
ダイニングとリビングスペースの間には造作収納家具、その上でディスプレイを楽しめます。
ただカラフルだけだとかわいく子供っぽくなってしまいますが…自然素材やプリミティブな小物をプラス、黒やダークブラウンで引き締めました。
b0318510_18173803.jpg
b0318510_18365823.jpg
リビングルームには、ワークスペースをつくりました。
親子で並んでPCをしたり、絵を描いたり、宿題をしたりと一緒に時間を過ごします。
受け桟なしのシャープな飾り棚でディスプレイを楽しめます。
b0318510_18173875.jpg
b0318510_18173842.jpg
壁面のアートはファブリックを額装しました。マリメッコの「Kukkuluuruu 」、日本語で「いないいないばぁ」の意味。
カラフルな動物や鳥たちが描かれていて、今回のコンセプトにぴったりで一目惚れ!ここからカラースキームを広げていきました。
b0318510_18365338.jpg
様々な動物や鳥たちに出会う、大人も子供もワクワクする空間。
小物類、そしてクッキーまで(笑)こだわって選びました。「わぁ、ここにもいる!」と皆さんが楽しそうにご覧いただけて嬉しかったです☆
b0318510_18365820.jpg
b0318510_18365989.jpg
b0318510_18365821.jpg
さぁ、明日は利佳さん担当の103号室Cプラン LDルーム。
若いファミリ―設定のAやBプランとはまた違う、大人の素敵空間をご紹介します



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-03 07:00 | 詩万のつぶやき
2015年 03月 02日

【101号室 Aプラン】リビングダイニングルーム

おはようございます!
今日からしばらく、企画展を振り返りながら3人が日替わりでそれぞれの部屋を説明していこうと思います。
どうぞお付き合いくださいね。

さて、まずはAプランのリビングダイニングから。
私の担当した101号室のコンセプトは「森のティーパーティー」、インテリアイメージは「ガーリースタイル」です。

森にはクマが遊び、うさぎが跳びはね、鳥たちが楽しく歌う。
そこに遊びに来て想いおもいにくつろぐ家族、可愛い女の子の声。
森、うさぎ、女の子、ときたら・・・そう、きっとそこにはアリスがいる。
それならみんなで楽しくお茶会でもしましょうよ!
そうです、『不思議な国のアリス』
アリスのティーパーティーからインテリアイメージをふくらませていきました。

ですが、甘く可愛くなりすぎず、落ち着きもある大人かわいい空間を目指しました。
35歳前後のご夫婦で(奥さまはインテリア好きで模様替えが趣味)と可愛い女の子の3人家族という設定です。
が。姉妹の二人が暮らす、なんていう生活もいいのかな?と勝手に考えています(^.^)
b0318510_22553388.jpg
リビングのドアを開けるとうさぎの親子がお出迎え。
その後ろにはラフな目地が印象的なアドヴァンのタイル。このタイルとても好評でしたが、汎用ルームにも貼られんですよ。
嬉しいですね。

・・・お! 天井に花柄の壁紙が。

そうです、このお部屋の一番の冒険はこの花柄の壁紙を天井に採用したことです。
皆さん、入ってきたときに「わぁ~」って驚かれていました。

テシードの国内在庫品の「アンナ フレンチ」のAT10091、玄関ホールからリビングダイニングと広範囲に貼りました。
今回3人でコンセプトやテーマを検討していく中で、発信というのもキーワードになっていました。

「柄の壁紙を天井に提案したことある?」
「ないよね」 
「見たことある?」
「う~ん、ないよね」
・・・じゃあそれ、柄! いこー! ってことで一致。 それで何となくガーリースタイルで提案することになったのですが、そこからこの柄に決まるまでは時間はかかりませんでした。
このペイントしたような花柄、見る角度によって光沢のあるシルバーに見えたりベージュのように見える花、ブルーグレー、ホワイトのグラデーション。優しいグリーンの葉っぱ。
私の一目ぼれでした、天井はこれでいく!

ある意味、この天井の壁紙を基準にすべてのコーディネートが進んだといってもよいかもしれません。
でも、現場サイドからは最初OKは出ませんでした。
そりゃそうだ、下地はきっとガタガタだろうし柄物だし、しかも輸入クロスだし。コストもすごくかかる。

私としても、圧迫感は出ないのか? 柄がうるさく感じないだろうか? 暗くなってしまうだろうか?など、貼ってみるまでは正直不安でしたよ、やっぱり。 いや、大丈夫!って確信していましたけれど(←根拠のない自信?(笑))

なので、貼り始めて姿を現した時の感動は忘れられませんO(≧∇≦)O
実は貼る直前まで職人さんから「ほんとにこれ貼るんですか? 間違いない?」って聞かれましたけどね。

天井は基本的にすべて吹き付け仕上げで再塗装でしたが、ここだけはモルタルで下地処理してから貼っています。
なので、ほんとに下地は良くない。とても突きつけでは貼れないってことで、10ミリ重ねで仕上げていただきました。
最初は20ミリ?なんて話も出ましたが、それではさすがに柄あわせがおかしくなってしまうので、何とか10ミリで職人さんも頑張っていただきました。
ありがとうございます!

って、天井のことアツく語り過ぎ! 
リビングダイニング全体を。
b0318510_22590967.jpg
b0318510_23015320.jpg
b0318510_22575621.jpg
この部屋のみ、壁を取ってしまったので広く感じますね。だからパーティー会場になったのですが、皆さん違う間取りに感じたようで、一通りご覧になったあとでもう一度戻って確認される方も(*^_^*)
私たちも、同じ間取りなのにこうも違うイメージになるものかと驚いていたのですが、皆さんのそんな様子も何だか嬉しかったです。
楽しい~っておっしゃっていただいたことも。

どうですか? 天井、まったく圧迫感もないし、かえって明るく感じてやさしい雰囲気になりました。
また、アクセントの濃いめのパープル(こちらもテシード)が大人っぽい色味で、淡いパープル(リリカラ)とほどよいグラデーションとなったのではないかと思います。
b0318510_22563400.jpg
ティーポット型のペンダントライト。こちらも皆さん「かわい~!」と。
これは青山にあるKINOというインテリアショップで販売していますが、これ家に買おう! 買いに行きます!っていう男性もいらっしゃいました。
b0318510_23464512.jpg
壁には100年以上前のアメリカの建物の天井材に使われていたというトタンのパネル。
アンティーク、一点豪華主義です(笑)
この色の落ち具合とか白さの感じとか、いつでもあるわけではありません。
H.P.DECOさんで出会いました。お隣のきらきらしたオーナメントも。
(実はぎりぎりまでこの壁に何を飾るのかノープランだったなんて誰にも言えませんが、出会えたからヨシとします)
マットとつやめき、相反するような気もしますが、このきらきらが女性らしい可愛らしさを出してくれているのかなと思います。
ほかにもつやめき、あります☆
b0318510_23251515.jpg
b0318510_22582818.jpg
カーテンはレースonレースでふわりとやわらかく、透け感のグラデーションを楽しんで。
手前のストライプの生地にはサーキュラーフリルを縫い付けて、リボンも結びました。
巷では?イカソーメンという人がちらほら。なんてことを!(笑)
生地はマナトレーディング、奥のレースはルスシアーNo.654、手前のストライプのレースはリリアNo.7、フリルのバランスはソワNo.1です。
こちらも縫製をしてくださった方のお陰で形になりました。私のつたないスケッチを形にしてくださって、感謝しています
この生地も少しつやめいてます☆

ちなみにこんな感じのフリルでってイメージの画像を送ったのがこちら。
もちろんこの写真を送っただけで仕上がった訳ではありません。ご相談、アドバイスを頂きながら作っていただきました。私も勉強になりました。
b0318510_12381107.jpg
b0318510_12374779.jpg
レースの奥には木製ブラインドを入れて、調光もできるようにしています。

b0318510_22573035.jpg
b0318510_22570067.jpg
b0318510_23573368.jpg
パーティーなのでガーラントもね♪ ピンではなくマスキングテープで貼り付けてます。
ガーラントは2か所付けたのですが、本当はもっと付けていたのです。
朝来たら、重みで落ちてたのでやめました(汗)
b0318510_00091343.jpg
そうそう、ダイニングのこちらの壁。 壁紙?・・・ではありません。

出来れば古材を持ち込んで塗装したかったのですが、賃貸ですしケガなどしてはいけないということで、杉の辺材に黒で塗装してからその上に白く塗装を2回。
で、やすってもらいましたが、なかなかこの色になるまでが試行錯誤。
3回ほど塗装サンプルを出していただいてようやく落ち着きました。やすり方もどの程度まで下地を出すのか、作業当日は立ち合いました。
こちらの色みもそうですが、全体的に「白」にこだわりました。
アイボリーにならないようにグレイッシュな白を選んでいったのですが、意外とアイボリー系が多くて、既成建具の色を選ぶのも苦労しました。
しかし、施工業者さんのおかげで、まとまりのある白をそろえることが出来たかと思います。
ありがとうございました(*^_^*)

こんなふうに、AプランのLDは壁・天井などの素材にこだわっているところが多くてボリューム満点、見どころになっています。

こんなお声をいただきました。少しご紹介。

・アリスみたい!
(伝わってよかったー)
・つい長居してしまいますね、何だか落ち着きます
(柄物も選びようで落ち着く空間を作れますよね)
・ガーリーは一番イメージしやすいと思いながらここに来ましたが、こう来たかって感じです。このパープルを使うとは意外です
(そうですか! 確かにガーリーっていうともう少し甘いですよね。このパープルが甘さを抑制してくれるのでしょうかね)

さあ、明日は詩万さんの担当したBプランのLDをご紹介です。



[PR]

# by 3nin-interior | 2015-03-02 07:00 | 奈津子のつぶやき
2015年 02月 24日

ありがとうございました!

INTERIOR DESIGN Soleil 飯塚です。

2月20日(金)~22日(日)の3日間開催いたしました「3人のインテリアコーディネーター展」、終了しました。

敷地内はまだまだ工事中なのですが、事故もなく無事開催することができてホッとしています。
日本ハウズイング様および施工業者様のご協力のおかげです。本当にありがとうございました!

この3日間のモデルルーム公開イベント、初日は200人以上のご来場、2日目3日目もたくさんの方にお越しいただきました。

もちろんそのなかには、旧社宅の企業関係者や不動産関係者の方も多く来場されています。


そしてインテリアコーディネーターの方や業界の方々、ご近所の方や学生さん、ブログやFBでずっと見てくださっていた方々etc...
日帰りで福岡や鳥取からお越しくださった方もいて、インターネットのすごさを実感すると同時に、身が引き締まる思いがします。

そして、楽しかった~と言いながら帰られた方がたくさんいて本当に嬉しかったのです。
思い思いにそこでの暮らしを想像しながら話をされていたり、率直な感想をダイレクトに聞けたことは私たちの今後の大きな糧となります。

至らない点も多く、不備があったことと思います。申し訳ありません。

ご来場くださった方はもちろん、ご協力くださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

コーディネートの詳細やイベントの反響など、またブログでまとめていきたいと思いますので、引き続きこちらのブログを見てくださいね(*^^*)

まだまだ終わらないんだからー(^.^)
しつこいと言われようとも(笑)

そして、イベントはこれで終わりましたが、モデルルームはもちろん公開しています。
ご覧になりたい方、阿佐ヶ谷周辺で賃貸物件をお探しの方は日本ハウズイング(株)様にお問い合わせくださいね。
日本ハウズイング㈱ 本社不動産営業部 0120-434-964 まで。
土日はスタッフの方が常駐されるようなのでご予約・お問い合わせくださいね。

b0318510_11343939.jpg
こんなクリアホルダーの中に資料が入っています。
b0318510_22451986.jpg
パーティー会場はこちら ガーリースタイルRoom-A で行いました☆


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-24 07:00 | 3人のインテリアコーディネーター展
2015年 02月 22日

最終日です

ジェイブルーの三宅です。

連日たくさんのかたにお越しいただきありがとうございます!
本日最終日でございます。

疲労を隠し通し(苦笑)私たち3人
今日も皆様にお会いできるのを楽しみにしております!!

なつかしい、もともとのお部屋がこちらです。
生まれ変わったお部屋をどうぞご覧いただけたらと思います!

b0318510_08382321.jpg

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-22 07:00 | 利佳のつぶやき
2015年 02月 21日

OPENING PARTY

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

3人のインテリアコーディネーター展』、本日2日目。
昨日は200名ほどの方がご来場下さいました。
人が途切れないので、トイレに行けず、お昼ごはんも食べれずの嬉しい悲鳴!

午後のオープニングパーティーも盛況で感謝致します。
いらして下さった皆様、ありがとうございました!!

こちらはパーティー会場101号室の様子、軽食と飲み物を用意しました。
「ガ―リ―スタイル」のインテリアに合わせて、ピンクの紙ストロー。
かわいい~♪と3人で盛り上がりましたが、ちょっと長くて飲みづらかった?笑

本日は10:00~17:00に開催中!会場でお待ちしております☆
b0318510_23475441.jpg
b0318510_23475407.jpg


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-21 07:00 | 詩万のつぶやき
2015年 02月 20日

いよいよ本日から開催です!!

東京都杉並区にて閉鎖された某旧社宅を賃貸物件にリノベーションする「阿佐ヶ谷プロジェクト」。
同じ間取りの3つの部屋を、3人のインテリアコーディネーターが異なるイメージに魔法をかけました。

そのモデルルーム公開イベント 『3人のインテリアコーディネーター展』。
インテリアコーディネーター 荒井詩万・飯塚奈津子・三宅利佳による企画展。

2月20日(金)・21日(土)・22日(日)の3日間、いよいよ開催です!
時間及び詳細地図は下記の通り。
3日間の時間内はどなたでもいらしていただけます。
お申込みは不要ですので、ご都合のよいお時間にお越しください。


【日 時】
2月20日(金) 10:00~14:00 
オープニングパーティー 15:30~17:00 (事前申込制、お申込みは締め切りました)

2月21日(土) 10:00~17:00

2月22日(日) 10:00~17:00

【場 所】
東京都杉並区成田東4-11-16  「テレパレス 阿佐ヶ谷の杜」

JR中央線「阿佐ヶ谷」駅 より徒歩10分
丸ノ内線 「南阿佐ヶ谷」駅 より徒歩5分
b0318510_20304712.jpg


【オープニングパーティー】
2月20日(金)15:30~ 同会場にてオープニングパーティーを開催!事前申込制、お申込みは締め切りました
どなたでもご参加OK、会費無料。軽食とお飲物をご用意してお待ちしています。


皆様にお会いできることを3人一同、楽しみにしております!


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-20 07:00 | 3人のインテリアコーディネーター展
2015年 02月 19日

設営しています!

『3人のインテリアコーディネータ-展』
東京都杉並区にて閉鎖された某旧社宅を賃貸物件にリノベーションする「阿佐ヶ谷プロジェクト」。
同じ間取りの3つの部屋を、3人のインテリアコーディネーターが異なるイメージに魔法をかけました。
そのモデルルーム公開イベントを、2月20日(金)・21日(土)・22日(日)の3日間開催!
2月20日(金)15:30~ オープニングパーティーを開催予定。





jay blueの三宅利佳です。

現場のディスプレイと搬入がはじまりました。
疲れ果てて帰宅したらバタンキューで
そして寝坊してあわててこのブログを更新しています!

バタンキューって死語ですね。
死語の世界へようこそ、ここへ、くっくっくっくー。

わたくし壊れてませんよ。正常です。

3日間、天気予報は晴れなんだそうです。
頭の中にチューリップ咲かせて皆様のお越しをお待ちしております♪

b0318510_08314173.jpg

[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-19 08:33 | 利佳のつぶやき
2015年 02月 18日

コンセプト

『3人のインテリアコーディネータ-展』
東京都杉並区にて閉鎖された某旧社宅を賃貸物件にリノベーションする「阿佐ヶ谷プロジェクト」。
同じ間取りの3つの部屋を、3人のインテリアコーディネーターが異なるイメージに魔法をかけました。
そのモデルルーム公開イベントを、2月20日(金)・21日(土)・22日(日)の3日間開催!

CHIC INTERIOR PLANNING 荒井詩万です。

今日は家具・カーテン・照明の納品です。いよいよです!
さて、改めてそれぞれが担当しました3つのモデルルームのコンセプトをご紹介させていただきます。
全体テーマ、そこから3つのコンセプト・インテリアイメージは3人で考えました。
その後、なんとなくAは奈津子さん、Bは私、Cは利佳さんと割り振って進めてきましたが…
見事に3人それぞれのカラ-が出るコーディネート提案となりました。
ぜひ、企画展にいらして体感いただければ嬉しいです☆



森のティーパーティー】 インテリアコーディネート担当:飯塚 奈津子
b0318510_19251052.jpg


森で出会う動物や鳥たち】 インテリアコーディネート担当:荒井 詩万
b0318510_19251035.jpg


森の洞窟】 インテリアコーディネート担当:三宅 利佳           
 
b0318510_19251016.jpg


[PR]

# by 3nin-interior | 2015-02-18 07:00 | 3人のインテリアコーディネーター展